contents menu
事業展望
ネットでのお問合せはこちら
HOME事業展望

事業展望

当社の事業推移と展望

創業期(1996年)

創業時の当社事業は、汎用機やクライアントサーバ型の金融系業務システムの開発が中心でした。
汎用機の開発においては、日本アイ・ビー・エム様のもと大手生命保険会社の合併プロジェクトに参画し表彰して頂けるほどの実績を上げることができました。
その後も、この実績を評価して頂いた多数のクライアントから保険会社様向けのシステムは元より幅広い業種のプロジェクトを受注することが出来ました。

 
現在(2008年)

2000年を過ぎ、システム開発の中心がWeb系へと移行していく中、当社の事業の中心も徐々にシフトし大手建築会社様の工程管理システム、公共機関向けの共済保険システムなど、多くのWebシステム開発において実績とノウハウを積上げて参りました。一方で制御・組込系の開発や、IT基盤いわゆるシステムインフラ構築などにも注力し現在では当社事業の柱といえるほどに成長して参りました。

 
展望(2010年)
今後の中期展望(短評)

事業の集中と選択を進め、今後は以下の3つの事業を中心にソリューションを提供して参ります。

①Webソリューション
現在、VB・ASP開発に携わるエンジニアを.netエンジニアへと育成することで.netにおける開発力を高め、また一方で、IT基盤ソリューションとの連携により、インフラからシステム開発までトータルに受注できる体制を強化して参ります。

②IT基盤ソリューション
マイクロソフト社製のサーバ・ミドルウェア製品のスペシャリスト育成に注力し、この分野における実績とノウハウを蓄積していきたいと考えております。
同時に、昨今、需要を増しつつあります仮想化、シンクライアントといった技術的キーワードについても知見を深め、クライアントにとってより最適なソリューションを提供して参ります。

③制御・組込ソリューション
デジタル複合機開発全般をカバーできるだけの実績を積み上げてまりました。
今後は、通信・ネットワーク、医療、産業ロボットといった分野での実績を積み上げ、サービスメニューの拡張を図っていく所存でございます。

ページTOPへ